olibe

活動報告レポート

10月9日(日)天草市でオリーブの収穫体験を行いました!
熊本県天草市で初めてオリーブの栽培が試みられたのは、今から50年も前の昭和40年(1965年)頃だそうです。
天草は日照時間が多く、冬は暖かく夏は比較的涼しい地中海性気候の島です。オリーブの本場・イタリアの気候にとても良く似ているということで、オリーブ栽培を県や市、地元企業、そして天草の自然と長年親しんできた地元農家の方々が一丸となって、「オリーブの島 天草」発展のために頑張っています。
そんな中、今回、天草市と天草オリーブ振興協議会のご協力のもと、
天草市志柿町のオリーブ栽培試験圃場にて、天草オリーブ収穫祭と合同で収穫体験を実施しました。
当日は雨も心配されましたが、ちょうど実施時間にはあがり、少し風は強かったですが、楽しく収穫をおこなうことができました。
収穫作業後には、市販のオリーブと天草のオリーブの飲み比べをおこない
味の違いを実際に感じることができました!
最後は、島んもんマルシェと天草市物産協議会合同物産展のおいしい料理をいただき、お腹いっぱいになって活動終了となりました。
まだお店ではなかなかみかけることの少ない天草のオリーブオイルですが、
とても上品な味でおいしく、これからどんどん広がっていくこと間違いなしです!みかけたら是非一度味わってみてください!

161014_1  161014_2  161014_3